THE ハプスブルク

 
 
           六本木の国立新美術館に「THE ハプスブルク」を見に行きました
 
           パンフレットには
           「ベラスケスもデューラーもルーベンスも、わが家の宮廷画家でした。」と
           あるようにハプスブルク家が収集した数々の絵画が展示されていました
 
           イタリア絵画、ドイツ絵画、スペイン絵画、フランドル・オランダ絵画
           キリストを描いたものが多くありました
           同じテーマでも書く人により 違った画風のもの、国によってもかなり
           印象が変わるものもありました
 
           1869年、日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)間で
           修好通商航海条約が締結され 明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に
           友好のしるしとして贈った風俗・物語・花鳥図画帖、蒔絵棚が140年ぶりの
           里帰り展示されていて 年月を経ても変わらない鮮やかさでした
 
 
           
 
           メインとなるハプスブルク家の肖像画は どれも見事に描かれていて
           素晴らしかったです
 
           パンフレットにもなっている
           「白衣の王女マルガリータ・テレサ」 教科書で見覚えが
 
                        
 
             ベレスケスの名画 幼いながらも気品がありますね
 
 
          そして一番見たかったのが「オーストリア皇妃エリザベート」
 
          妹のお見合いに付き添っていたエリザベートに皇帝が一目惚れして
          結婚が決まったそうですが、実生活ではエリザベートは旅行ばかり
          していて家を空けることが多かったようです
 
             
 
          エリザベートが手に持っている扇の絵が日本画に見えました
          この扇も 日本から贈られた物なのかなあ・・・。
 
          この絵は予想以上に会場で一番大きかったように思えます
          うっとり見とれてしまいました
          素晴らしかったです
 
          
 
          グッズもたくさんありましたが、エリザベートのクリアファイルと
          ポストカード、A4サイズの肖像画、そしてチョコレートを買いました
 
          エリザベートの肖像画を部屋に飾りましたバラ
             
 
           
 
            
広告

THE ハプスブルク」への16件のフィードバック

  1. きら星さん、おはようございます。この「THE ハプスブルク」、気になっていました。私、ハプスブルクが結構好きで、ウィーンを訪れたときも、明るいイエローに輝くシェーンブルン宮殿で、終日心が洗われたことを今も覚えています。エリザベートはコンプレックスから口を閉じた肖像画しかないとききました。現代的な考えを持った素敵な女性。マイヤーリンクでの出来事と母としての衝撃、アナーキストの攻撃による悲劇的な最期。この方の人生は美しくも強く、はかないと思いました。短命だったマルガリータ王女のたくさんある肖像画も、大好きです。悲しいけれど、立派で、凛としていてかわいらしくて。エリザベートの肖像画を飾ったら、素敵なオーラを毎日浴びそうですね♪

  2. のほほん☆うさぎ

    (*^・ω・)ノ こんにちは♪THE ハプスブルグ。美術に疎い☆のほほん☆でも興味がありますwというのも先日TVで特集を組んで紹介していたのを見たからなのですが。エリザベートの美しさにはホントにうっとりしてしまいますね。この方、ウェストが50cmしかなかったそうですね。その他、スミレの砂糖漬けが好きだったとか色々なエピソードを紹介していましたがまさに「美しい女性」の権化というイメージです。肖像画。Otoseさんがおっしゃっているように、お部屋に飾ったら美のオーラが降り注ぐでしょうね~~~。:*:・(*´ω`pq

  3. こんばんは!素晴らしい絵画ですね。 画家とかの名前はあまり知らないのですが 絵画を鑑賞するのは好きな方ですのできら星さんが感嘆されたお気持ちわかります。実際にエリザベートの肖像画をを目にしたら うっとり ・・・ 私もそうなるだろうなぁ~  私は奈良・興福寺で「阿修羅さま」に会いに行ってきました。 すぐ目の前で拝観でき ・・・ うっとり としてまいりました。                                               (^_-)-☆

  4. 気品がありますね~見惚れてしまいました。私もあまり、絵画は詳しくはないのですが‥見ていて‥うっっとりしますよね~昔の絵なのに、こんなにも‥細かくてまた、今とは事情が違うから、この色はどういう風にして出してるのか??先日‥旅行に行ったときに、聞きかじったのですがガラスや石を削り‥特殊な技法で、書いてたとか‥絵ってみてると、その時代の傾向も分かるから見ていて‥関心することが多いですよね~

  5. Otoseさん 何も知識がないままに行ったんですが、そんな悲しい背景もあったのですね。時代や背景を知ると また違った見方が出来てはまってしまいそうです(笑) エリザベートは こんなに美しく気品があるのにコンプレックスがあったなんて・・・。オーラを浴びてがんばります!  

  6. のほほん☆うさぎさん特集番組があったんですか・・・見たかったぁ。ぜんぜん知識が無いままに行ったので、少しでも知ってると見方も変わって面白かったかなあ。ウエスト50センチ どんなもの食べてたのかしら? それにしても美しかったです!

  7. ケラさん私も絵の鑑賞が好きで、いろいろ見にいってます。エリザベート ほんとに素敵でした!きれいなものを見ると気持ちも洗われるようで癒されます。「阿修羅さま」 東京で見た時も感動でしたけど、興福寺で見たら空気も違って清々しい気持ちになれそう。いつか 私も奈良に行ってみたいです! 

  8. グリさんエリザベート ほんとにきれいで素敵でした。気品もありますね!時代を経ても変わらない輝きがある作品を見ていると歴史が今に繋がっているのを感じて感動しました!

  9. 本物が見れるって 素晴らしいコトですよね~~絵から 人生のドラマが 見えてくるようです~~きら星さん いろいろ見にいってらして すごいです~~ゲゲの家の近くの博物館の美術展 今 「狩野派の絵画」 なので なんだか魅かれています~~見にいけたら 良いなあ~~ ^^v

  10. (o^0^)o コンバンワァ♪美術館で古い年代の物を今リアルに観れるその当時はどんなだっただろうと思いを馳せ、感動し本物を観るのは目が肥えますね、私もいろんなものを観たり聴いたりしてますが(目は肥えてません^^;)エリザベート、凄い迫力と気品ですね扇に日本画ですか、ドレスも素敵ですね

  11. ゲゲちゃんそうなんですよねえ~見ていると歴史を感じて感動しますよ☆ 地方に居る姉は上京すると何か美術展を見にいきます。やはり東京は本物に触れる機会が多いです。私 日本画も大好きで良く見に行くんですよね・・・ゲゲちゃん 「狩野派の絵画」 ぜひ見てきてね!

  12. makoさん美しいもの、きれいなものを見ると心が洗われて・・・ほんの一瞬でもシャンとするんですよね。現実を忘れて感動してます。エリザベートのドレス レース模様のひとつひとつが輝いて素晴らしいです!

  13. こんばんは~来てみました(*^。^*)今週の金曜日に行く予定です。ついでに近辺のイルミネーションも見物です。マルガリータは、前に観たような気がするのですが、いろんな美術展を観ていたら記憶が(⌒-⌒;)

  14. こんにちは。エリザベートの肖像画、気品があってとっても素敵!美しいもの、品格のあるものは時代を経てもそのまま伝わってくるものですね。こんな素敵な絵を部屋に飾って毎日眺めるのっていいなぁ。「マルガリータ・テレサ」の絵も、お人形さんみたいにかわいらしくて私も大好きです。

  15. くるみさん来てくれて ありがとう! エリザベート堪能してきてください。あちこちでクリスマスのイルミネーションが話題ですよね、きれいでしょうねえ~楽しんできてください。

  16. はまおとめさん エリザベートは 気品があって絵もきれいで見とれてしまいますね!ひととき 嫌なことも忘れてやさしい気持ちになれました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中